失敗しないランドセルの選び方

まずはもっとも大切なポイント1・2・3を!シンプルですがこれだけおさえておけば間違いありません!それを踏まえてポイント4にお進み下さい 。ランドセル選びにはいろいろな要素があります。

🔒素材比較ポイント

馬の希少な部分の革。きめ細かく美しい素材で、とても丈夫なので冠に使われます。ランドセルでは馬1頭から1~2枚分しかとれない最高級本革。

コードバン

牛革

人工皮革

使うほど味が出る根強い人気の天然素材。防水加工の改善により耐水性の問題もありません。加工方法によって本革ならではの光沢感・質感なども多様化。

「クラリーノ」や「ベルエース」「コードレー」など各社独自に開発している人工素材。質によりランクはありますが、本革より軽く、安価で、カラーバリエーションが豊富。

🔒機能比較ポイント

ベルトの上部に樹脂プレートが内蔵されていて、肩の部分が曲線になります「天使のはね。」「フィットちゃん」「妖精の翼」とメーカーによって違う名称。

立ち上がりベルト

背中のカット

厚みのあるクッションで肩への負担を軽減。樹脂プレートがない「3D肩ベルト」タイプもあり、カラダに自然に合う背負いやすいやすさが選択のポイント。

背中中心に凹凸部を作ることで通気性に優れ、汗ばむ季節でも爽やかです。本体は人工皮革でも背中は天然素材「ソフト牛革」を使った、より上質なタイプも。

🔒ランドセルのサイズ

ランドセルのサイズは様々なタイプがありますが、必ずしも大きいほど良いとは限りません。お子様の体格差や、ファイルの使用の有無も地域によって事情が異なるようです。学校によっては収納スペースの都合もあって、大きいサイズのランドセルを推奨していない場合も。ふくふくらんどbyフクズミでは、次のようなタイプを取り揃えています。

A4クリアファイル対応

A4クリアファイル(220mm×108mm)が収容できるサイズです。

A4クリアファイル対応

A4フラットファイル(230mm×308mmの紙製バインダー)が収容できるサイズです。